ブライダルエステの美白ケアが人気の理由はウェディングドレスが真っ白だから!

 

ブライダルエステでも人気が高いメニューの一つに、美白ケアがあります。

 

なにせ、ウェディングドレスは真っ白ですから。

 

真っ白なウェディングドレスを着ると、肌のわずかなくすみやシミなどは目立ちやすいものです。

 

美白ケアを受けることによって、肌を美肌へと近づけることができます。

 

ブライダルエステでの美白ケアは、サロンごとに施術内容やメニューは異なるものの、

  • ホワイトニング成分を使ったパック
  • 毛穴の中につまっている黒ずみや皮脂を取り除く毛穴ケア

などを行います。

 

また、肌が乾燥していると肌がくすみやすくなるので、保湿ケアも合わせて行うことが多いです。

 

ブライダルエステの美白コースは5、6回は受けるのがおすすめ

 

ブライダルエステの美白ケアは、最低でも5回〜6回ぐらいは受けたいところです。

 

なぜかというと、シミの改善は、時間がかかるものだからです。

 

なので、ある程度満足できる結果を得るには、やはり最低でも5回〜6回ぐらいは受けることをオススメします。

 

 

施術の頻度は、肌のターンオーバーとの関係上、月に2回程度です。

 

ですので、エステに通う期間としては3ヶ月くらいを目安に考えてください。

 

その期間は、

  • 普段から日焼け止めをしっかり塗る
  • スキンケアも美白ケア用のものに変える
  • 肌が乾燥しているとくすみやシミができやすくなるので、保湿ケアもする

など、工夫することによって、挙式のときにより美しい美白美肌を手に入れることができます。

 

ブライダルエステで美白ケアをする場合は期間を長めに

 

肌のターンオーバーはおおよそ28日と言われています。

 

(といっても、年齢が進んだり、あるいはストレスや睡眠不足だと、ターンオーバーに必要に日数も増えていきます。)

 

ですから、ブライダルエステで美白ケアを受けるには、最低でも1か月は期間を用意しておいた方がよいです。

 

ムダ毛をシェービングで処理することは1日でできますが、美白ケアとなれば肌のターンオーバーも計算しておく必要が出るからです。

 

プロがすべてを行うブライダルエステであっても、肌のターンオーバーまで変えることはさすがにムリ。

 

この知識があれば、ブライダルエステの一環として美白ケアもお願いしたいとき、おおまかな期間の計算もできるはずです。

 

ブライダルエステでの施術には期間がかかるものもあると考え、どのくらいの期間を設定すべきかを考えておくとよいですよ。

 

その方が、自分がブライダルエステを受けるときに、エステティシャンとの相談もスムーズにいきます。

 

透明感があって、輝くような肌に整えるためには余裕を持って準備していきましょう。

 

ブロンズ色の肌で純白のウェディングドレスという姿は美しいのですが、理想のイメージとは異なることが多いともいえます。

 

また実際には、ブロンズ肌を美しくキープさせる手間が大きいという問題もあるのです。

 

だからこそ、結婚式までに美白ケアに励む方が多いのではないでしょうか。

 

この美白もブライダルエステで頼めることです。

 

透明感のある肌でウェディングドレスを着る目標なら、ブライダルエステで美白ケアをするのもいい案です。

 

■完璧にウェディングドレスを着こなすための美白ケア

 

肌の色は、まったく同じだと言いにくい時代になっています。

 

また、生まれ持った肌の色合いよりも、なめらかさを感じさせるような質感の肌であるほうがウェディングドレスを美しく着られることも事実です。

 

美白ケアというと、「肌をとにかく白く」というイメージが強くありますが、近年の考えでは、透明感のある肌に仕上げるというほうが正解となります。

 

肌の白さ以上に重要なのは、なめらかな肌の質感と輝くようなキメ細かさになるのです。

 

そのため、ブライダルエステでの美白ケアもウェディングドレスの華やかさにふさわしい、輝くように透明感のある肌へと整えることが目的になります。

 

シミを消したいなら美容医療で消すほうが現実的ですし、長く高価な化粧品を使い続けるより費用が安いこともあるのです。

 

しかし、ブライダルエステでは、ウェディングドレスをより美しく着こなす肌へ整えることが目的なので、シミよりも肌全体の美しさが重要になります。

 

生まれつきの肌色を変えるのではなく、本来あるべき透明感と輝くような肌に戻すことが、ブライダルエステの美白ケアなのです。